植物から得られる希少な天然オイル

植物の中の特別な細胞によって作られる 芳香性の高い物質を抽出したものが、精油になります。 これが正式名称なのでありますが、俗称で、日本ではアロマオイルと言った方が有名で分かりやすいかも知れません. さまざまな特徴をもつ複雑な化学物質を豊富に含み 空気に触れると蒸発しやすいのが特徴と言えます。 約3500種類もある芳香植物(ハーブ)の中でも 精油が取れるのは約200種類。 その花やつぼみ、枝葉、果皮、樹皮、樹脂、根など から精油は抽出されます。 主な抽出法には水蒸気蒸留法、圧搾法、溶剤抽出法等のさまざまな方法があります。

植物から得られる希少な天然オイル

精油の香りを嗅いてみましょう。 そのひとつひとつが個性豊かな香りを持っていることがわかります。 それと同時に目には見えませんが、ひとつひとつが数十種類から数百種類の成分を持っています。 精油が人の心や体に影響を与えるのはこの複雑にして豊かな成分が存在するためです。 しかも、主要成分のほかいもたくさんお成分を微量に含むことが、 人に対して副作用を防ぐように働くことなど、 おだやかな効果をもたらす精油の大きな特徴を生み出していると言われています。

 水蒸気蒸留法

蒸留釜に原料の植物を入れ、下から蒸気を通す方法。 蒸気の熱によって揮発成分が水などと一緒に蒸気となる。 これを冷却すると容器の上澄みが精油となり、その下は精油をほんの少し含む水 フローラルフォーターになります。 現在、最も多く利用されている抽出方法となります。アロマオイル

 圧搾法

レモンなど、カンキツ類の果皮を器具で押しつぶす方法。精油と果汁が得られます。

 溶剤抽出法

アルコールに原料の植物を漬け込み、これを点オンで揮発させる方法。 残った軟膏状の固形物に再びアルコールを加えて溶かし、 さらに揮発させて精油を得る。 ローズや、ジャスミン、ネロリなどから微妙な花の香気を得るのに 使われる抽出法。この方法で得た精油はアブソリュートと呼ばれています。

精油